− B-side −

< 月の魚 > B−side - comment - 

2001年の秋のこと、月を見ながらこの作品を書きました。

夏が終わると、夜が長くなり、

なんとなく、もの寂しい気分になるものです。

そういったわけで作品は、

月への憧憬のような雰囲気がただよっています。

作品は、三年の熟成期間を経て、

ペッパーズギャラリーの地下ギャラリーで日の目を見ることになりました。

Peppre's gallery < Reading > 2004.11.1~

月の写真協力を米山誠一さんから受け、この作品を展示しました。

展示会コメント

○ネオンのはげしい銀座でも、その時々の月を眺めることができます。この作品には、月の満ち欠けとともに移り変わる、心模様を綴っています。その風景から、心と月を行き来する<魚>の姿を見つけてください。

以上

なおWEBで公開する「月の魚」は、ギャラリーに展示した作品をベースに制作しております。本として販売した「月の魚」¥1.500を欲しいという方は、メールでご連絡下さい。hitoe@no-scooter.com製本した部数が限られているため、なくなりしだい販売を中止いたします。

ページ − 37
繰り返し月の声その5最後の魚時ねむり海蜘蛛アップリケベストスープカゲロウ月の声その4知恵冬の星座月と私公園のベンチ月の歌月の魚月面宙返りつき渋滞タイムマシーン病気月の声その3一日のおわり雨降りドアの向こう窓と夢思い出月の声その2ぼやき羽虫見ろよ迷い彼女月の声その1タイトル

<あかるいほうへ>tadasi tamesue 為季忠嗣 hitoe@no-scooter.com

(C) 2004 no-scooter tadasi tamesue. All rights reserved.